アメリカでは幼少期の頃にADDのテストを受けさせる

アメリカでは幼少期の頃にADDのテストを受けさせる

スポンサーリンク

実はADDの生徒を育成する環境が豊かな欧米

資本主義の申し子であり、弱肉強食の世界が体現されている国としてよく挙げられるのがアメリカです。

 

確かに資本主義と競争原理が生きる過酷な社会であり、日本に比べて貧富の格差は目立ちます。

 

しかし一方で弱者や競争に負けてしまった人々に対する支援と福祉は世界でも稀に見る程、豊かです。

 

再チャレンジが普通に出来る社会でもあり、また発達障害の児童に対する特別な支援が非常に充実しており、ハンディキャップを抱えた児童とその家族はアメリカでは伸び伸びと生活出来ます。

 

また幼少期の頃から発達障害の有無を調べるテストがありますので、保護者が違和感を感じた時、身近なクリニックに出かけるだけで、ADDの白黒を早々に付けられる、といった手厚いサービスが用意されています。

 

ADDの生徒は普通の生徒とは違い、独特の学習方法がありますので、幼少期にテストを受け、ギフテッド教育の道に進めた方が子供が生き生きとキャリアアップ出来ます。

 

アメリカという国は個性を尊重するタフな社会

欧米の社会はとても人の個性を大事にします。日本の社会のように個性を押し殺す教育は無く、価値観を押し付ける指導はむしろ害悪と見なされます。他方日本の国はまだまだ画一的な指導が多く、普通ではない特性を持つADDの生徒は辛い思いを強いられる事が多いです。

 

しかし、国内に暮らしていては絶対にADDの生徒がキャリアアップ出来ない、という時代では無くなりました。

 

徐々にではありますが、発達障害児への理解は深まってきており、欧米同様に幼少期の頃から、テストを受ける事で、発達障害の方向と有無を調べるチェック体制が整ってきました。

 

もし我が子がADDだったとしても、悲観する必要はありません。確かにアメリカに比べると数は少ないですが、その分、良質な発達障害児向けの学習塾や支援学校が国内にも設けられてきました。ギフテッド教育が国内でも受けられますので、あえて普通ではないキャリアを幼少期の頃から積ませる事が人生の明暗を分けるでしょう。

スポンサーリンク