ADDは医師との面接で決まる

ADDは医師との面接で決まる

スポンサーリンク

ADDはどうやって決まるのか

ADDは脳の神経伝達物質の過不足で起こるものですが、その判定基準は明確ではありません。また現在は脳を直接見て医師が判定するようなものではなく、面接の結果で判断します。なので、カウンセリングでなんと答えるかによって結果が決まるということです。

 

これがどういうことかというと、実際の状況よりも本人が気にしているかどうかが重要になるということです。これだときちんとして結果が得られないように思われるかもしれませんが、これで問題ないのです。なぜかというと、ADDというのは脳の発達障害とされてはいますが、実際は脳の性質と言うに近いです。

 

むしろ良い面もあり、たまたま現代社会においては問題が多いため、そのような人たちを同じカテゴリーに入れ、手助けしていくことが目的です。なので本人の感覚が重要です。

 

ADDは医師との面接が必要か

自分がADDなのかどうかがわからないという場合は多々あるでしょう。最近は存在が認知されており、自分がそうではないかと疑心暗鬼になっている人が多いです。実際にそうかもしれませんし、そうでないかもしれません。ただこれに関しては明確な線引きがあるわけではなく、その傾向があるという結論付けなどもあるのです。あくまでも脳の性質なので、程度や出てくる方向も人それぞれです。また誰にでも多少は当てはまる部分はあるでしょう。

 

注意力が欠けていたり、過度に集中することがまったくないという人はほとんどいないはずです。この症状が人より強くて、かつ実際に困っている人の救済を行うためのカウンセリングです。なので、実際わかったからどうなるというものでもないです。

 

自分で対処していっても良いですし、そこは自由です。

スポンサーリンク