ADDの原因となる食品添加物や遺伝子組み換え食品

ADDの原因となる食品添加物や遺伝子組み換え食品

スポンサーリンク

母親の食品添加物や遺伝子組み換え食品の摂取により、胎児の脳の神経系に影響を与える場合がある

ADDは注意血管障害といって、神経疾患の一つで小さな頃から症状がみられます。落ち着きがなく、協調性にとぼしく、注意欠陥や多動など集団行動をするのに困難なことが多いです。それにより、本人の負担や周りのストレスの原因となってしまうこともあります。

 

子どもは様々な個性を持ちながら成長していくものですが、普段の生活の中で、他の子との違いが顕著に見える場合は早めの診断を受けて、その治療や環境対応などをしていくことが大切です。ADDの原因は脳における神経伝達物質が不足しているために起こる障害と言われています。

 

原因として考えられるものにはいくつかあります。近年ADDが特に増えてきている原因の一つととしては、母親の食生活にあると考えられています。

 

妊娠している方、授乳中の方は食生活や生活習慣の見直しを徹底することで、ADDの確率が減る

ADDは前頭葉の機能不全、神経伝達の代謝不良が起こります。母親が妊娠中に遺伝子組み換え食品や食品添加物のようなものを摂ることで、母親の子宮内で細胞分裂を繰り返している胎児の体の繊細な部分に影響が出てしまうことがあります。

 

そのため、脳の神経系にも少なからずこういった遺伝子組み換え食品や食品添加物が影響してしまう場合があるのです。

 

また、飲酒や喫煙も神経系を正常に発達させない原因となります。ADDは理解していないと周りの人たちもストレスを感じ、そして本人は追い詰められて他の様々な精神疾患を併発しやすい傾向にあるので、きちんとした診断と治療、周りの理解が必要です。それが二次障害を防ぐことにつながります。

スポンサーリンク