ADDは神経基盤のドーパミンが重要

ADDは神経基盤のドーパミンが重要

スポンサーリンク

ADDの原因はなにか

ADDの原因は一言でいうと、脳内の神経基盤の不足です。厳密には不足だけでなく、特定の条件下で異常に分泌することもあります。その落差が落ち着きのなさやボーっとした状態を作り出します。中でも特にドーパミンの作用は重要で、これが不足するとボーっとした状態になり、多すぎるとテンションが上がり過ぎた状態になります。興奮状態とそうでない状態の落差が大きいから症状が起こります。

 

興奮の作用は刺激的なことや、趣味などの好きなことをしているときに起こるため、人よりも高い集中力を発揮することも多々あります。これは依存症的な部分もあります。集中力が高いというのは依存症を引き起こしやすいという諸刃の剣でもあるので、ADDはまさに例外なくそれを持っているということになります。方向性の選定が重要です。

 

ADDは神経基盤であるドーパミンとどう付き合うか

何事にも言えることですが、弱点を軽減し、強みを伸ばすことです。ADDの弱点は注意欠陥で、集中している事柄以外に対する関心が薄すぎることでしょう。脳がそっちに働いていないという現象が起こります。これを解消するためには、二通あって、いったん日常で大切なことすべてに集中してみることと、普段から気を付けることがあります。

 

おすすめプランとしては、人とのコミュニケーションや作法は徹底して身に付けることです。これを集中してやっておけば、その後別のことに集中して抜けてしまったときでもこなすことができます。

 

そして強みは集中力なので、その方向性の選定です。間違えた方向にいくと、集中すべきでないことに病的な集中力を発揮していまいがちです。良いことでもワーカホリックレベルにやってしまいがちなので、選定は特に重要です。

スポンサーリンク