ADDの根本的原因は解明されていない、一方で分かる部分も

ADDの根本的原因は解明されていない、一方で分かる部分も

スポンサーリンク

根本的な原因は解明されていない発達障害

発達障害の一つに区分されるADDですが、最近日本人の間で急増しています。

 

その原因は未だに特定されておらず、農薬や化学物質を大量に含んだ食事を妊婦が続けていたため、発達障害の児童が増加したとする説もありますし、また元々日本人のDNAにはADDの要素があり、それが何かしらのきっかけで再び表面化し始めている、との説もあります。

 

ただし、専門家の間では遺伝が大きな要素を占めている、とする説が最も有力視されており、ADDの根本的な発生要因は未だに未解明ですが、元々発達障害だった父親または母親からは同じような性質を持った児童が生まれやすい事が証明されています。

 

また農薬や化学物質が要因で引き起こされた説に対しては懐疑的な意見が多く、また近年になってからADDの日本人が増加したとする問題ですが、大人の発達障害という言葉が有名になり、診察を受けた人々の母数が一昔前よりも急増した事による「統計的なバイアス」だと見られています。

 

そもそもの要因は不明ながらも、既に解明された部分も

ADDの根本的な原因は専門家の間でも深く見解が分かれる問題です。

 

ただし、医学の分野では既に発達障害は遺伝による脳の機能不全による先天的な症状だと解明されました。

 

なぜ発達障害が発生するのか、という根源的な問いは未だに解明されていない問題ですが、既にADD自体のメカニズムは解き明かされていますので、保護者の人々は自称専門家がセミナー等で語る悪質なビジネスに耳を傾けてはいません。

 

「発達障害は親の躾が悪いため発生する、我々のコーチングで綺麗に完治します」や「ADDは残留農薬や米国産の牛肉が原因で引き起こされます。私達の作るサプリを食べれば邪気が払えます」等といった発達障害の子供に悩む両親を付け狙う悪質なビジネスが近年急増しています。

 

いずれも信憑性の低いサービスであり、そもそも医学的に認められた先天性の問題である点を無視しているため、そういったニュアンスで勧誘を受けた時は、毅然とした態度で断りましょう。

スポンサーリンク