ADDは事故による脳にダメージでなるのか

ADDは事故による脳にダメージでなるのか

スポンサーリンク

ADDは事故でなるのか

基本的にADDは生まれつきの脳の神経伝達物質の過不足が原因なので、脳にダメージを受けてなることはあまりないです。しかし、たまたま同じような症状になることはなくはないでしょう。脳の神経伝達物質が低下するとADDのボーっとしたような感じになりえますが、逆に集中して活性化する症状を得るのはなかなか難しいはずです。

 

しかし、現実には頭を打ったことがきっかけで写真記憶ができるようになったり、けた外れの記憶力を手に入れるようなこともあります。なのであり得なくはないです。

 

しかし基本的には生まれつきのものなので、早いうちからどう向き合っていくかを考えていった方が良いでしょう。そしてADDというのは脳の傾向なので、これへの対策は過去のことからいろいろとまとめられています。これらを参考にしていくと良いです。

 

ADDは脳にダメージを与えるとなるのか

上述した通り、事故によってなる場合もありえますが、基本的にはもともとの脳の問題です。なので具体的な対処は早めにやっておくことです。

 

まず重要なのは弱点の改善と強みを伸ばすことです。弱点は周囲を見ていなかったりコミュニケーションが一方的だったりすることです。これの解決策は本やネットでやり方を調べることです。コミュニケーションや気配りのやり方は一定のルールがあるので、それを先人から学ぶことです。なぜかこれらは感覚的に身に付けていくものだという価値観がありますが、実際そのようなやり方だと気づかないことも多いでしょう。なので、適切な方法を学んでいった方が良いです。

 

そして長所である集中力は最大限高めていくと良いです。ここで重要なのはこれを目先の快楽に向けるのではなく、知的な活動に向けることです。

スポンサーリンク