ADDの原因となる母親の飲酒の周産的障害

ADDの原因となる母親の飲酒の周産的障害

スポンサーリンク

ADDの原因の一つとして、妊娠時の母親の周産期脳障害があげられる

ADDは注意血管障害といって、注意力や先を見越す力、物事の判断の欠落などがみられる症状です。これは幼児期から見られる症状で、ルールを守れなかったり、持続性がなかったり、協調性に欠けていたり、集中力が続かないなどがあります。

 

幼少期は成長の度合いがそれぞれ違うので、見過ごしてしまわれがちですが、集団生活を始めるとその症状が顕著に目立ってくるようになります。その中で、判断をせずに見過ごすとその子どもに余計な負担をかけることになり、また周囲の人たちのストレスの原因にもなってしまいます。

 

ADDの原因として考えられる一つとして、妊娠時の母親の飲酒や喫煙があります。化学物質によって胎児の神経系に何らかの障害を起こすとも言われています。

 

ADDは妊娠時の母親の周産期脳障害と深いかかわりがあるので、母親の意識と生活習慣を改めて考えることが必要

ADDは妊娠している時期に母親が飲酒や喫煙、食品添加物、環境汚染などの周産期脳障害によって、子どもの脳の発達の不具合から生じるという原因が有力です。胎児が神経系を作り出す細胞分裂を行っているときに、それらの化学物質によってそれが正常に作り出されずに、神経に何らかの障害を引き起こしてしまうのです。それによって、セロトニンとドーパミンが不足し、前頭葉は物事を論理的に考え、順序立てて思考させることができなくなってしまうのです。

 

ADDは大人になってからは特に社会生活の中での不具合が大きく、生きにくいことにつながってしまいます。他の人と違う、おかしいと感じたら早めに診断を受けて対応すべき障害なのです。

スポンサーリンク