ADDの遺伝要因は64%程度ですが

ADDの遺伝要因は64%程度ですが

スポンサーリンク

ADDは遺伝要因が多いのか

ADDの直接的な原因は、脳内の神経伝達物質の過不足と言われています。これは通常時は脳内の神経伝達物質が不足しているが、興奮したり、自分の関心のあることをやったときには分泌が多くなります。その落差が大きいためにこのような現象が起こります。

 

そして、それは遺伝で決まる部分が多いです。64%程度が遺伝と言われますが、実際は明確なところは判明していません。そして、対処法として投薬治療もありますが、自身の脳でコントロールしていくことが重要です。その方法は周囲に関心を持つことと、自分の集中すべきことの選定です。この二つをバランスよくやっていけば高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

弱点を改善し、長所を伸ばしていくことでADDの力は最大化されていきます。具体的なやり方は後述していきます。

 

ADDの改善と強みの強化

ADDは遺伝要因が多く64%程度です。しかしADD自体が脳の傾向的なもので、具体的な症状の程度なども人それぞれです。なので、あまり深く気にしても仕方がないでしょう。それよりはどのように向き合っていくかということが重要です。

 

その方法は上述の通り弱点の改善と長所を伸ばしていくことです。具体的にどうするかというと、弱点の人間関係などに関してはやり方が本やネットで調べることができるので、コミュニケーションのルールなどは研究しておいた方が良いです。これは実践でやるだけよりも先人の知恵を借りて、それが適切かを考えると良いです。

 

そして、強みは集中力です。これは一歩間違えるとあらぬ方向に向かっていきます。たとえば異性関係や過度なトレーニング、ダイエットです。これらは適度であれば良いのですが、やりすぎると身を滅ぼします。

スポンサーリンク