PET検査で判明したADDの脳の活動状況

PET検査で判明したADDの脳の活動状況

スポンサーリンク

ADDは誤解が多かった障害

実際に以前は精神障害の分野に区分されていた事があり、専門家の多くが発達障害イコール後天的な精神のトラブルと考えいしました。

 

それが医学と科学の発展によって、誤りだと証明されました。PETと呼ばれる脳の働きを客観的に分析する診察方法が普及した結果、発達障害とは精神が原因ではなく、脳の活動状況に問題がある障害だと原因が改められました。

 

更に大量に発達障害者の脳をPETで検査していく過程で、後天的な生活習慣や育成環境が関係して発病する障害とされていた従来の見方とは違い、先天性の遺伝によってADDが発生している事を、研究者達は特定しました。

 

その結果、現代のような比較的発達障害に対する理解がある世界へと転換して来ました。

 

昭和の頃はそもそもADDという単語も無く、専門家さえも発達障害への正しい見方が無く、本人の精神に難があるためだと弱者が適切な医療を受けられない時代があったのも事実です。

 

PETは脳の活動状況を事細かく明らかに出来る検査機器

ADDの人々の多くが短期記憶を司る脳の部位が正しく働いていない事を、PET検査は特定しました。

 

一般的な男女は特に意識する事もなく、短期記憶の機能を働かせられます。

 

その機能が正しく稼働する事で、人は英単語を記憶したり、戦国武将の名前や年表をどんどん頭にインプットしていけます。

 

また少ない品目であれば、メモを持たなくてもお使いにいけますし、成人の男女であれば買い間違えや買い忘れもそもそもありません。

 

一方、短期記憶の機能が普通の成人男女よりも低いため、ADDの人々は暗記が大の苦手です。

 

また規則性の無い単語やフレーズを咄嗟にインプットする事が出来ず、また短期記憶の容量がとても少ないため、一度本人が意識して覚えた物事も、別の新しいフレーズやキーワードが入ってくると、前の分の記憶が上書きされてしまい、結果学校の試験はボロボロになりやすく、学習障害児に陥りやすいです。

スポンサーリンク