ADDの得意分野と健常者の違い

ADDの得意分野と健常者の違い

スポンサーリンク

ADDと健常者で得意分野は違うのか

そもそもADDは障害という認定は得ているものの、性質に近いです。ここからが具体的に障害だという基準もないですし、脳内の神経伝達物質の過不足が原因となっています。しかし、医師がそれを判断する基準は脳を見るのではなくあくまでカウンセリングです。

 

なので、自分がそうだと思えば障害と認定されるし、そのような傾向を持っていたとしても本人が違うと言えば違うになります。傍から見て明らかに問題がある場合は別にして、程度の差やどこでその性質がでるのかというのは個人差なのです。

 

忘れ物やなくしものはよくする人もいますし、人の話をあまり聞かない人も普通にいます。そのような性質を無意識にやっているとADD判定を受けるわけで、自己分析とそれへの対処が目的なのです。投薬治療もありますが、基本的には意識です。

 

ADDは意識の問題なのか

ADDが意識の問題かというとそれは少し違います。脳内の神経伝達物質の問題なので、意識だけで完全に普通の状態にすることは無理です。しかし、このような性質を自分が持っていることを知り、意識的に改善していったり、対処策を取ることは可能なのです。

 

得意分野が健常者と違うかというと、これも一概には言えません。同じADDの性質を持つ人でも一人ひとり違いますし、ある特定の性質を持つ人を、日常生活への問題からカテゴライズしている形です。

 

具体的な対処策としては、単純に過集中に気を付けて日常のことや人との会話に意識を向けるというのはあります。これは過度に何かに集中することを注意する良い練習になります。

 

そして、他にもコミュニケーションや日常生活のあり方自体に過集中してみるのも一つの手です。

スポンサーリンク


関連ページ

子供たちの症状
大人の主な症状
記憶力
片付けする事ができない
得意なこと
人間関係
不注意優勢型
幼児の特徴
才能
スポーツ
有名人
睡眠障害
話し方
二次障害と使える社会資源
ADHDとの違い
症状と特徴を知る事が自他共に大切
遅刻や忘れ物が多い
気が散る、衝動的なところがある
刺激的でリスクのあることを好む
手順の指示を間違えがち
失言が多く人の話を聞かない
障害が優れた才能を発揮
行動性と思考面に問題がある
子どもと大人の違い
女性の特徴
幼児期の症状
ワーキングメモリに問題がある
発見が遅れることなく診断し個性としてとらえる
長時間の集中と瞬間的な集中力
欠点が目立つ傾向、しかし立派な長所も
直観力と決断力のスキル
短所は長所、情熱的な行動と創造力が武器へ
子供たちの特徴的な行動に気づく事
睡眠時間を把握するのが苦手
日本社会では辛い立場、強い自己否定感も
接し方がおかしくて誤解されがち
初期症状は集中できないこと!?
ゴミを出さない事や買い物の仕方が雑な事があります
片付けが出来ない
ものを買うときと捨てるときの基準が独特
代表的な発達障害である
記憶力にハンディキャップがあるように見える
人間関係に対するストレス耐性
話し方と話題選びの特徴
不規則な質問や失言をやりがち
いじめや厄介者扱いされやすい
人間関係でつらい思いをすることが多い
興味が無いとやる気が出にくい体質
判断が苦手でケアレスミスと忘れ物が多い傾向
コミュニケーションが苦手で感情の管理が難しい
多動性の有無や頑固さマイペースさに違い
不注意優勢型の特徴を正しく理解しよう
不注意優勢型の子どもたちの個性と子育て
不注意優勢型は大人になっても継続する
中学生に出やすい症状や特徴について
二次障害、劣等感と上手くつきあう
短絡的な言動があり、人付き合いは不得手
会話で自制できない?
刺激に過剰反応するため、不注意になりがち
先延ばしするという実行機能障害が起きやすい
忘れっぽいのとワーキングメモリーとの関係
「飽きっぽい」「過集中」という症状
多彩なアイディアの実行力がある?
重ね着症候群とは?
家はゴミ屋敷になってしまう傾向にあり
知能に偏りがあるというよりも
自己正当化型の人に見られる特徴とは
自己否定の気持ちが強く、ひきこもりになる
服装は派手すぎる?特徴と改善法
子供は食生活が悪化しやすい
周囲に理解されず怠け者だと思われてしまう
陥りやすい多量喫煙の常態化
料理を失敗しやすい!?
夜の興奮状態のせいで睡眠障害になりやすい
障害と特殊な才能は表裏一体