ADDの社会人と多量喫煙の関係性

ADDの社会人と多量喫煙の関係性

スポンサーリンク

ADDの人々は個性的な特徴と体質を持っています

そういった個性を先天的に兼ね備えているため、組織や学校に馴染めない人々も少なくはありません。

 

物を決まった場所に片付けるのが苦手、持続的な取り組みが不得手、周囲の環境によってパフォーマンスが乱高下する、お金の保管や使い方が無頓着、上司や教師の指示に従う事が難しい、衝動的に行動する事が多く継続的な学習や事務作業が困難等、いわゆる社会生活を送るにあたり、少々不都合な特徴と体質があります。

 

また、ADDの人々はそういった点があるため、周囲の環境に馴染めず、強いストレスを抱える事が多いです。

 

ADDの人々はストレスに大変弱いと言われていますが、それは発達障害自体の体質というよりも、日本の社会がまだまだ発達障害への理解不足があるため、彼らは必要以上に注意や叱責を受けやすく、言わば環境的な要因によって、ADDの人々は常にストレスフルな状態に置かれています。

 

ストレス解消のために、多量喫煙が常態化する人々もいます

誤解を恐れずに言及すればADDの人々はストレスを瞬時に解消したい、という欲求が普通の人々より強いです。

 

常にストレスフルな環境に置かれているせいでもありますし、元々発達障害の人々が持つ衝動性が関連している面もあります。

 

喫煙はすぐにストレスを解消出来る、効果的なリラックス方法です。

 

社会の中で働きながら、組織に居心地の悪さを感じているADDの方は多量喫煙が常態化しやすく、発達障害そのもののハンディキャップよりも、タバコの吸い過ぎによるリスクの方が大きくなってしまっているケースもあります。

 

タバコは適量であれば、リラックスと気分転換に役立つ嗜好品ですが、毎日大量に喫煙すれば、本人や周囲の人々の健康を害する物です。

 

衝動的にタバコに手が伸びやすい方は別のストレス解消法を新しく作らなければいけません。

スポンサーリンク