ADDの対策について

ADDの対策について

スポンサーリンク

自分の特徴を知る

ADDの対策として一番重要なことは、自分でADDというものを学んで、理解するということが大事になってきます。もし、自分がADDとは知らずに生活していると、何か問題が起こった時に、自分を責めてしまったり、自信を無くしてしまう可能性があります。自分がADDという特徴があるということを知ることによって、どのようにすれば対処することができるのかということにも気づくことができるようになります。

 

特徴を知るためには、専門家の話を聞いたり、当事者と話をしたり、専門の本を読んだりすることによって知ることができます。最近では、発達障害の専門の施設や病院などがあったりしますから、そういった場所にいくことで、よりADDを知ることができます。

 

自分の行動を管理する

ADDの大きな特徴としては、物事をしっかりと最後まで成し遂げるが難しいという特徴が挙げられます。これは、勉強においても、仕事においても、人間関係にも関係してきます。

 

この物事を最後まで成し遂げるために必要な対策としては、まず、何事も完璧に行うことはないということを認めることが大事になってきます。それを踏まえた上で、締め切りをつくるという対策が考えられます。締め切りをつくるとストレスに感じてしまう場合もあるかもしれませんが、締め切りは自分を助けてくれるものという前向きなとらえ方をするとよいでしょう。

 

次に、大きなタスクは小さなタスクに分けるということも効果的な方法です。いきなり大きな課題に取り組もうとしても、他の人以上に集中力が長く続かないという特徴があるので難しいことは明白なので、課題を小さくわけて、目標に少しずつ近づけていくことによって、物事を最後まで成し遂げることができます。

スポンサーリンク