大人のADDに対する対応方法

大人のADDに対する対応方法

スポンサーリンク

ADDであるということ

ミスをしてそれを指摘されて責められることは精神的につらいものです。それがなんども同じようなことで起こってしまうと信用をなくしたり、強く責められたりして居場所がない状況になります。そのために悩み、苦しむことでさらにミスが増える悪循環に陥ることも考えられます。

 

自分ではしっかり注意しているつもりでもなかなか改善されない、大人として自覚が足りないと思われる等を悩んでいるようであればADDであることを確認してみることで解決策が見つかるかもしれません。

 

ADDは注意欠陥障害と言って、集中が人よりも続かない、注意力が人よりも足りない等の症状のことです。相対的な状態の評価として、診断されるものです。脳や心の機能障害ではないため確立した治療方法はありません。自覚して向き合うことで対応することが改善への近道です。

 

ADDとして生きて行く

ADDは集中が続かずに、注意力が低く生活に影響するような状態をいいます。子供の頃は誰でもそうだったように思えますが、大人になってもその状況は続きます。大人になると生活のために仕事をする必要があります。

 

仕事ではそれぞれ責任があり、ミスを極力減らさなければならないのは当然のことです。ADDの人はそれが少し苦手です、だから相対的に人よりもミスが多くなってしまうことを自覚し、未然に防ぐ方法を考えます。

 

例えば、作業を定型化してしまうことやチェックは他の人にしてもらう、チェックの回数を増やすなどです。自分の生活の傾向が人よりもミスが多くなってしまう方向に向いているというだけだから、悩むより慣れることです。

 

対応方法さえわかれば、結果として人並みの成果を期待することができます。

スポンサーリンク