ADDを持つ子供への保育士の接し方について

ADDを持つ子供への保育士の接し方について

スポンサーリンク

ADDの子供の特徴

ADDの子供は注意力を維持するのが難しいです。脳の一部の障害により、このような状態になってしまいます。当該障害を持つ子供は、うっかり・おっちょこちょい・ずぼら等の印象を持つ可能性があります。当該障害においては多動性がないか、多動性はすくないのが特徴です。

 

おとなしい・無気力・スローという印象も持つ事もあります。すべき事を先延ばしたり・遅刻したり・時間管理が苦手な子供が多いです。これらの事は普通の子供にも見られますが、時々ではなく、毎回全体的にこれらの印象があったり、時々ではなく、毎回起きる傾向にあります。

 

ADDの子供への保育士の接し方

当該障害を持つ子供は先に説明致しました様な特徴があります。障害の程度にもよりますが、場合によっては、当該障害が原因で様々なトラブルが発生する可能性があります。

 

当該障害は決して珍しくはない障害です。保育園で保育士が数年保育業務に携わっていれば、必ずと言って良いほど当該障害を持つ子供が入園してきます。当該障害は先に説明致しました通りに、脳の障害であり、本人・保護者の努力ではどうにもならない場合があります。

 

また、薬やサプリメント等での対応したとしても、根本的に当該障害がなくなるという事でもありません。保育士はそのような状況を理解して、当該障害を持つ子供を温かく見守る事が必要です。場合によっては、当該障害が原因で当該障害をもつ子供がいじめに合う可能性もあります。

 

そのような可能性も含めて、保育の専門家なので保育園の保育業務を円滑にするための心配りが必要です。当該障害の保護者とも相談してどのような当該障害を持つ子供を保育をしたら良いのかを確認して、業務としてできる範囲で保育を行う必要があります。

スポンサーリンク