ADDを抱える同僚との話し方、関わり方について

ADDを抱える同僚との話し方、関わり方について

スポンサーリンク

ADDの人が急増

ADDを抱える社会人男女が昨今急激に増加して来た、との意見があります。実際にそういったデータも存在しており、一見すると非常にもっともらしい指摘です。

 

特に若い社会人に目立っており、農薬や環境ホルモン物質、親の躾、ゆとり教育が大人のADDを増加させたという持論を述べる有識者の人々も大勢現れました。

 

大人の発達障害については、まだまだ不明な部分も多いですが、ただ原因は既に特定されています。

 

結論から言えば、大人の発達障害というものは存在せず、農薬やゆとり教育等が原因でADDの若手社員が増加したとする言説は誤りです。科学的に証明された事実は元々生まれつき遺伝的な要因によって、脳の一部に障害を持つ人々がいる事だけです。

 

発達障害の大人が急増したとのデータがいくつか存在しますが、現実に急増したのではなく、医学と検査の進歩によってADDの診察が可能となり、医師による報告例が増加した結果となります。

 

事実、ADDの特徴を持つ成人男女は古来より存在しており、現代では多くの若者が自ら診察に向かっているため、実際の発達障害者の数が増加したかのようになっているだけです。

 

もし同僚がADDだった場合、その関わり方はどうすれば適切か?

同僚に発達障害特有の症状や行動が見られた場合、多くの人々は焦ってしまいます。

 

自分とは異なる考え方、行動力を持つ人々に対して世間一般の人々は適切な対応を取れません。

 

注意力と集中力にデメリットを持っているのが、その発達障害の大まかな特徴です。発達障害を抱えていると思われる同僚に対しては、具体的な言葉をもってして対応しましょう。曖昧な指示は理解され難い、また記憶され難いため、抽象的な文言は避けたいところです。

 

時間や作業内容、仕事の目的などを正しく伝え、五感に訴えかけるコミュニケーションをとるのが効果的です。

 

文字だけのコミュニケーションはNG、出来れば対面でグラフやイラスト、メモ書きなどを多数交えて、同僚の感覚に働きかけるや関わり方を意識すれば、意思疎通は想像以上に上手く行くはずです。

 

発達障害の男女は理解力に欠ける部分も多いですが、一度理解すれば健常者以上の成果を出す事も多いです。

スポンサーリンク