ADDによる症状を抑える為に最適な子供の習い事

ADDによる症状を抑える為に最適な子供の習い事

スポンサーリンク

ADDの症状を良くする為には

ADDの注意が連続維持できないという障害は、脳内のドーパミンが不足しているからだとされています。このドーパミンが不足する事から起きる当該障害においては、刺激薬を服用する・高蛋白質食品による食事療法・L-チロシン等のサプリメントにより、当該症状を抑えます。

 

つまり、当該障害を抑える為には、ドーパミンが脳内に多くある状態を維持できれば当該障害は抑えこむ事ができます。当該ドーパミンは、先に説明致しました通り、口から摂取して作り出す事ができます。他には、運動、瞑想等によって作り出す事もできます。

 

ADDの子供に最適な習い事

先にも説明致しました通り、ADDの障害を抑え込む為には、ドーパミンが脳内に多くある事が望ましいです。このドーパミンは運動・瞑想によっても作り出す事が出来ます。そこで、当該障害を持つ子供において当該障害の症状を抑え込む為には、武術・短距離走等の習い事をさせると良いです。

 

ドーパミンを多く出す為には、小さな目標を達成する事を繰り返す・瞬間瞬間に集中する・瞑想が有効な習い事が最適です。また、不注意により他の人に迷惑をかけるといけないです。自分もストレスになり、仲間にも迷惑をかける可能性がありますので、団体スポーツより個人競技が最適です。

 

以上の事から空手・柔道の武術や100メートル走・200メートル走等の陸上スポーツを習わせると、脳内のドーパミンが増加していきますので、当該障害の不注意という障害を可能な限り抑え込む事が可能となります。また、ドーパミンは自分の好きな事を行うと作り出されると言われています。空手・柔道・短距離走はあくまでたとえ話ですので、子供の好きな事を習わせる事も大切です。

スポンサーリンク