ADDの特性から考えた向いている仕事について

ADDの特性から考えた向いている仕事について

スポンサーリンク

ADDの特徴

ADDの人の特徴は集中力が続かないという事です。集中力というのは、集中している状態というのは物事の精度が上がりますが、視野が狭くなります。集中という事が良い事だけ生じるものではありません。当該障害の人は集中と非集中を繰り返すので、想像力が豊かになります。

 

しかし、精密緻密な事を長期間行うのは苦手な傾向にあります。また、当該障害を持つ人はこだわりが強く、自分の好きな事を行う場合には、一般人より集中する事ができます。

 

現代はAIが発達してきており、今後は機械にはできにくいクリエイティブな仕事が重宝されると言われており、当該障害から生まれる創造性はむしろ、良い特徴になります。

 

ADDに向いている仕事

ADDの障害を持つ人の特徴は、先に説明致しました通り、想像力が豊か・こだわりが強い・自分の好きな事においては集中力が一般人より優れている傾向にありますが、一般的な注意力を継続させる事が苦手で精密緻密な事を長時間行えない傾向にあると言えます。

 

そうであれば、クリエイティブ系・自分のこだわりが行かせる・自分の好きな事・ミスが万が一起きても致命的な事にならない仕事が最適です。

 

とすると、企業家・自営業・弁護士・芸術家・音楽家・プロデューサー・企画・営業等の職種が向いている仕事です。当該障害を持つ人の仕事探しは原則普通の人と変わりありません。自分の好きな事・自分の得意な事を仕事として考えれば良いです。

 

当該障害もデメリットだけではなく先に説明致しましたメリットもあります。障害を単なる負担と考えずに、むしろ特徴でありメリットと考えるべきです。当該障害は脳の障害であり、悩んでもしょうがない部分もあります。自分の好きな事・自分の得意な事を仕事にすると、自分にも社会にもメリットがあります。

スポンサーリンク