ADD児は学校で普通学級でやっていけるのか

ADD児は学校で普通学級でやっていけるのか

スポンサーリンク

ADDの特徴やその原因

ADDとは、注意欠陥障害というれっきとした障害であり、これは自閉症と同じく脳の機能障害の一つです。胎児期に何らかの不具合があって起こる生まれつきの物であり、親の育て方や家庭環境などは関係ありません。

 

具体的にどんな障害なのかというと、簡単にいえばひどく注意力がなく、集中力もないということです。他人から見れば、とても忘れ物が多く、ケアレスミスが多く、周りがちゃんと見えてない人なのですね。

 

しかし、これは誰にでもあることであり、ADDなのかただの不注意な人なのか見分けるのは正直難しいところでもあります。

 

これに多動が加わると、授業中座っていられなかったり、いつも落ち着きなくそわそわしていたりするのでわかりやすいのですが、多動がない分わかりづらい障害といえます。

 

そのため、本人にもどうしようもないことなのに周りから怒られ責められて、鬱などの二次障害が起こる危険性が高いです。

 

学校でのクラスは普通学級でいいのか

就学前にこのADDが発覚している場合、おそらくそれはかなり程度の重い症状が出ています。

 

普通幼児は誰しも注意力や集中力をそんなに持っているものではないので、どの子を見てもそれっぽい行動が見られるからです。ですから、この場合はおそらく支援学級と普通学級を行き来するようなかたちになるでしょう。

 

問題は、就学してからこの障害が発覚した場合なのですが、ADD児は知的に遅れがないことも多いので、勉強には普通についていけることが多いです。

 

そうなると、支援級ではどうしても勉強の進み具合に差が出るので、普通級に籍を置くことになりますね。健常児に比べてどうしても注意力のなさで苦労しますから、周囲の支援と本人の努力が必要になります。

スポンサーリンク