ADDの人が障害者手帳を取得する方法とメリット

ADDの人が障害者手帳を取得する方法とメリット

スポンサーリンク

ADDの人が障害者手帳を得るには

当該障害を持つ人でも、障害者認定されれば、障害者手帳を得ることができます。この当該手帳を得られる場合は、当該障害において専門医に診て貰っている期間が6か月以上経過しており、かつ、今後も当該障害により継続的に専門医に診て貰う必要性が認められる場合です。

 

その要件が揃っている場合には、主治医に専門の診断書を作成して貰い、所定の大きさの写真を自分の住んでいる市役所の福祉課に提出する手順で、認定されれば当該手帳を貰う事ができます。保健福祉センターでも対応してくれる場合もあります。

 

障害者を保護するのは、国や地方自治体の義務であり、その保護を受ける権利を障害者の人は持っています。当該手帳を得るのは障害者の国が認めた権利です。

 

ADDの人が障害者手帳を得た場合のメリット

障害者手帳をADDの人が手に入れた場合に、様々なメリットがあります。受けれる恩恵においては、自分が住んでいる地方自治体により違います。また、認定された等級により受けれる恩恵も違ってきます。公共機関で広く当該手帳を持つ事により、様々な恩恵を受けれますが、民間企業においても様々な恩恵を受けれます。

 

主な当該手帳を取得する事による恩恵は、直接税の減免・免除・公共交通機関の料金が安くなる・映画が安く見れる・携帯電話料金が安くなる等です。当該手帳により発生するこれらの権利は、障害者であれば当然に受けれる恩恵です。

 

国に迷惑等をかけるからと気を使う事ではありません。自分の住んでいる地方自治体の福祉課や主治医に相談すれば、当該手帳についての取得方法を教えてくれます。当該手帳を取得した障害者は取得においてためらう必要はないです。

スポンサーリンク