ADDかも…一人で悩まずにサポートを受ける

ADDかも…一人で悩まずにサポートを受ける

スポンサーリンク

診断を受けたら、必要なこと

ADDかもしれないという自覚があり、実際にそう診断を受けた場合は一人で悩むべきではありません。一人で抱え込むとさらに気分が落ち込んでしまい、苦しい思いをする状況が続いてしまう可能性があります。今後、一人では解決できない、直視できない問題に必ずぶつかることがあります。

 

そのような時は、ただ恐れるのではなくサポートを受けましょう。ADDはまだ理解が深まっていない問題ですが、自分の問題を親身になって考えてくれたり、救いの手を差し伸べてくれたりすることがあります。なんでも一人で解決する必要はありません。

 

サポートを受けることができる主な団体・人

サポートを受けることができる最も身近な例として、親や兄弟、友人などの身内が挙げられます。状況によるものの、金銭的にも精神的にも頼りやすい例です。しかし、ADDの概念がまだ浸透していないことを考えると、打ち明けたとたんに付き合いが悪くなる、疎遠になる、はたまた差別的な発言を浴びせられるという可能性がないわけではありません。このような状況になってしまった場合、当事者はとても傷ついてしまいます。

 

サポートを受けることができるのはこれだけではありません。診断を受けた病院の医師に、症状を改善するためのカウンセリングや薬の処方を求めることが可能です。

 

また、発達障害の当事者・家族のための支援機関に相談することも効果的です。現在困っていることの対処法や工夫についてアドバイスを受けることができます。発達障害を専門にしているのであれば、自分に最も適した支援をしてくれることでしょう。

 

近年、発達障害の当事者・家族を中心に作られた団体も増えています。そのような団体とつながりを作り、サポートを求めるのも一つの方法です。

スポンサーリンク