ADDの大人や子供が使える制度

ADDの大人や子供が使える制度

スポンサーリンク

学校が子供のADDに対して支援できる事

文部科学省の方針で学校内に特別支援学級が設置されています。こちらの学級に配置されている教員はADDをはじめとした発達障害の研修を受けており、その人に合った形で勉強が出来るように支援していきます。

 

万が一学級の中で発達障害の症状が出た場合には小児精神科医と連携するので、安心して通級させる事ができます。こちらの学級に通っている児童生徒の保護者に対して学用品の補助なども行っています。児童生徒によっては通常の学級に通級する場合もありますが、そちらの学級の教員も発達障害についてきちんと学習しているので安心してお願いする事ができます。

 

大人のADDの人が使える制度

大人のADDの人が使える制度は子供と違い、障害者総合支援法による制度が使えます。家事が苦手な人はヘルパーによる家事援助のサービスを使う事ができます。働くための訓練を受けたい場合には就労移行支援や就労継続支援という制度が使えます。

 

具体的にどのような事に困っているのかをサービス利用等計画を作成している相談支援専門員に伝えれば、ADD本人の意向を取り入れたサービス等利用計画を作成してもらう事ができます。サービス等利用計画を作成した後でも不具合が生じた場合には相談支援専門員に連絡してモニタリングをしてもらい、サービス利用等計画を変更してもらうことも出来ます。

 

家事援助を行う事業者も自由に選ぶことができます。サービス利用等計画通りにサービスを提供してもらう事ができなかった場合には相談支援専門員の相談した上で、実際に家事援助や就労継続支援のサービスを提供するサービス提供事業者を変更してもらうことも可能です。

スポンサーリンク