ADDに処方される薬・副作用

ADDに処方される薬・副作用

スポンサーリンク

ADDの薬がもたらす効果

ADD(注意欠陥障害)は、集中力がない、物事を忘れやすい、気が散りやすいなどの特性がある発達障害です。ADDの特性が日常生活に支障をきたす場合、改善法としてやり方を変えたり、周りに配慮を求めて助けを得ながら生活するなどの方法があります。また、薬で改善していく方法もあります。病院で医師の診断を受け、薬の効果・副作用についてしっかりと説明があったうえで処方されます。

 

コンサータとストラテラ

ADDの特性の改善のために処方される薬として、コンサータとストラテラがあります。両方ともADDを改善するという効果がありますが、成分や副作用に少し違いがあります。

 

まず、コンサータはメチルフェニデートが配合されています。

 

中枢神経を直接刺激し、ドーパミンの量を増やすことで集中力を高めます。仕事に集中でき、生活にメリハリをつける能力が向上するといわれています。しかし、中枢神経を直接刺激して比較的効果が出るのが早い分、依存しやすいという点があります。

 

大量に長期間の摂取を続けると、精神病のような状態を発症することがあります。

 

一方、ストラテラもドーパミンに作用しますが、中枢神経を直接刺激することがなく、濃度が上昇しないためコンサータに比べて依存性が低いといわれています。コンサータに比べて即効性がなく、徐々に、緩やかに作用します。

 

ADDの症状を緩和することが期待できるとともに、副作用が出る可能性もあります。主な内容に、吐き気や食欲不振、頭痛やめまい、不眠などが挙げられます。しかし服用を続けることで軽くなることがあります。人によって効果に差があるのと同じように、副作用の程度にも差があります。どちらの薬を処方するかは、医師と相談することとなります。

スポンサーリンク