ADDを自覚することで気が楽に

自覚することで気が楽に

スポンサーリンク

ミスは誰でも起こすもの

人は誰でもミスをします。完璧にこなしていると思っていても何らかの足りない部分が存在します。ミスをすること自体が問題というわけではありません。

 

ただし。集中が続かないで、何度注意しても同じようなミスを繰り返す場合、ADD(注意欠陥障害)の可能性があります。

 

ADDは相対的な注意力の足りなさを示す言葉で、心や脳の病気ではないため診断や検査などで明確になるものではありません。精神神経科などを受診して、いくつかの状況を確認することで疑いがあるとみられるものです。だから実生活において自覚することはかなり困難です。

 

人と比べてそのような注意力のなさによるミスをする状況が多く見られると言うのが特徴です。自覚するというよりは、ミスの多さで気に病むようであればADDであることを疑ってみることも重要です。

 

自覚することの重大さ

ADDははっきりさせる必要性があまりありません。精神神経科などで処方される治療薬も、治すわけではなく一時的に集中力を高めることで大事な場面を乗り切るためのものです。

 

ADDであることをはっきりさせることは、自覚させるために行われます。理由もわからずにミスが多く、責められる日々を繰り返すと精神的にまいってしまいます。だから自分がADDであることを自覚し、そのために生活を工夫するなどして対応できるようにするためです。

 

ミスが多いことが分かっていれば、確認の回数を増やしたり、誰かにダブルチェックしてもらうなどの方法で問題になるような状況を減らしていきます。決して完治を望むわけではなく、注意力が続かない自分と向き合って生活することで気持ちが楽になるような考え方が必要です。

スポンサーリンク