ADDの二次障害にPTSDってどういうこと?

ADDの二次障害にPTSDってどういうこと?

スポンサーリンク

二次障害でPTSDとは?

例えば、事故か何かで麻痺が残ったとしましょう。この場合麻痺は基礎疾患とか一次障害とか呼ばれます。これが原因で自信を無くしうつになったとします。このうつに当たるのが二次障害というものです。

 

PTSDは日本語にすると、外傷性ストレス障害のことです。いわゆるトラウマと言われるものと考えれば良いでしょう。何かしらの強いストレスやショックにより、心に傷を受けた状態をさします。心に傷とはいいますが、脳に物理的なダメージを負ったということに他なりません。

 

わかりやすい例えを上げれば、大災害で被災した方がそれをイメージするような状況で気を失ってしまったり、何事にも消極的になってしまう場合がありますが、これもPTSDの症状です。もちろん大きなショックだけではなく、日常的なショックであっても本人にとって忘れがたい耐え難いような出来事で発症することも少なくありません。

 

特にADD等の発達障害の場合、通常なら気にならないような出来事でも発症することがあります。

 

ADDに多く見られる二次障害は何?

感覚過敏症の方も少なくなく、ストレスのポイントが一般的でないことも多いので、周りが気付かずにトラウマになっていることも少なくありません。それに加え失敗も少なくないため自己評価が低くなりがちです。

 

そのため、PTSDをはじめとして、うつ病、統合失調症などありとあらゆる精神疾患が考えられます。注意欠陥の症状が控えめの場合に特徴的なのは、精神のバランスを崩してしまい精神科等に通院したものの、二次障害だけが診断され見落とされることも少なくない事です。このため注意欠陥そのものには合わない薬などを処方されてしまい、なかなか回復しない等の問題も発生しています。

 

逆に病名のつけにくい症状に、ADD等の発達障害の病名をつけてしまうことも少なくありません。

 

専門家でも判別は難しいですが、インターネットでも発達障害に強い医師や、逆にストレス問題の専門家の医師などは探せます。セカンドオピニオンは普通に重要です。

 

病院のはしごはお薦めしませんが、1度検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク