ADDの男女は不安障害を併発しやすい面も

ADDの男女は不安障害を併発しやすい面も

スポンサーリンク

ADDの人々は不安障害を併発しやすい問題がある

ADDの男女は生まれつきのうっかり者であり、また落ち着きが無かったり、勉強や仕事が不得手だったりと、色々な欠点を本人は抱えてますが、それ自体が世の中に迷惑をかける事はとても稀です。

 

むしろ、ADDの人々の方が、その個性的な言動の結果として、いわゆるいじめのターゲットにされやすいです。直接的に殴る蹴るの暴行を受けるケースは少数であり、どちらかと言うと発達障害者特有の症状を執拗に批判される、影で悪口を言われたりするタイプのいじめが多いです。

 

また元々空気を読むのがADDの男女は苦手であり、過去に酷いいじめを受けた方々は、また新しい環境でも自分の悪口を言われているのでは、といった不安障害を併発しやすく、過去のトラウマが起因して対人関係に問題を抱えやすくなります。

 

組織内部で八つ当たりの標的にされやすい発達障害者

ADDの男女は平成に入ってから急激に増加して来たとも言われていますが、それは誤りです。むしろ発達障害者は昔から一定数社会に存在してしました。昭和の頃は比較的穏やかな世間があったため、ADDの人々も未診断のまま社会に適応しており、いわゆるドジっ子として温かく周囲が受け入れたため、本人が不安障害などを併発するリスクはありませんでした。

 

ところが平成の昨今は非常に社会全体の同調圧力が高まってきており、他人とは異なる個性を持ち、また組織の中で自然と目立つADDの男女は、何かといじめやハラスメントの標的にされやすくなりました。ADDの本人からすると自分がごく普通に振る舞っているだけで、また神経をすり減らして仕事でも成果を出しているのに、些細な言動や体質を槍玉に挙げて、同僚や友達から八つ当たりされるため、人間不信や不安障害を併発させてしまいます。

スポンサーリンク