ADDのうつ病予防のススメ!自分で自分を誉めること

ADDのうつ病予防のススメ!自分で自分を誉めること

スポンサーリンク

日常生活で、つい自分を責めてしまいがち

ADDの当事者が避けて通れない問題のひとつに、二次障害があります。発達障害とはまた別のもので、ADDであることから目をそらし続けたり、重度のストレスがかかるような生活を続けたりすると起こる障害です。

 

二次障害になった時に初めてADDかもしれないと自覚するケースはとても多く、双方は切っても切れない関係です。特に二次障害におけるうつ病は、困難にぶつかるたびに自分を責め続けた結果、引き起こされることが多い障害です。

 

「自分はダメな人間だ」と責め続けることは、自分に自信を持つことができなくなる原因のひとつです。よって、うつ病を予防する最も効果的な方法は、自分を責めることを止めることだといえます。加えて、自分で自分を誉めることもできれば、うつ病の予防以外にも、さまざまな効果が期待できます。

 

今すぐ試せる!ADDを否定せず、自分で自分を誉める方法

うつ病の予防とはいえ、普段からし慣れていないと「自分で自分を誉める」ということを意識するのは難しいといえます。しかし、少し意識を変えるだけで、ポジティブな考え方ができるようになります。例えば、ちょっとでも成功したことがあれば「よくやったぞ!」と自分に言い聞かせます。

 

ほんのささいなことでもかまいません。仕事に遅刻しなかった、外出前の準備が焦らずできた、読み終わった本を本棚の元々あった位置に戻したなど、当たり前のことでも誉めることで、気持ちは自然に前向きになります。

 

たとえ他人にはできて当たり前のささいなことでも、ADDの当事者にとっては困難であるケースはとても多いです。他人にとっては当たり前のことだから、と躊躇せずに誉めることが大切なのです。

スポンサーリンク