ADDを抱える人の掃除習慣化の必要性

ADDを抱える人の掃除習慣化の必要性

スポンサーリンク

掃除習慣化の必要性

ADDを抱える人は、掃除習慣化の必要性を感じます。理由は、極端に整理整頓ができずに、それを放置しておくと散らかり放題になるからです。ただし、習慣化することは意外に難しく、食事や歯磨きのように必要に迫られることがありません。汚くても何がどこにあるのかわかっていることも多く、生活できてしまうからです。汚くて恥ずかしいという気持ちも薄いことが多いです。

 

子供がADDである場合には、親が汚いままにしないでおくと、それが本来の家だということがわかります。掃除する姿を見せたり、一緒に片付けたりすることで、掃除が必要であることは子供なりに理解します。それが習慣化するには時間がかかりますし、親もADDを抱える場合には、きれいな部屋を維持することは非常に困難です。自分のできる範囲で休日だけでもいいので、片付けや掃除の習慣を作るようにしましょう。

 

掃除習慣化の必要性を認識するために

ADDを抱える人が掃除習慣化の必要性を自分で認識するためには、とにかく人を家にいれることです。他人が家に入るということは、客観的に自分の部屋を見ることができます。すると、気が付くことが多く、掃除を習慣化しておく方が楽であることがわかります。他には、アラーム等を使用して掃除の時間を決めると習慣化しやすくなります。

 

家族にADDの人がいる場合には、家がきれいであることを褒めるようにしましょう。評価されることで一層やる気が出ます。自分がきれいにしたのに、とくに何も言われないのは、やる気を減退させます。「いつもきれいな部屋で気持ちがいい!」とか「きれいに片付けたね!」と認めてあげるようにしましょう。「好きになったことはとことんやる」というADDの特性を生かして、前向きに頑張れるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク