ADDには明確な見分け方が一つ、あります

ADDには明確な見分け方が一つ、あります

スポンサーリンク

世間の理解がまだまだ不足している発達障害

ADDは代表的な発達障害であり、先天的に健常者よりも注意力や観察力が欠けているハンディキャップを持っています。

 

ハンディキャップを抱えている部分が脳の一部の機能という事もあり、周囲の人々からは障害を抱えているように殆ど見えないはずです。

 

特に日本の社会はまだまだ発達障害に関する理解が不足しています。

 

ADDの名前を知っている人々はまだまだ少数派で、注意力や観察力が低い事を「親の躾や育て方が悪い」や「本人のやる気や努力が不足していたせいだ」等と、一方的に決めつけて批判する風潮も残っています。

 

また精神病とADDはしばしば混同されやすく、医学的な治療が可能とする意見も多いですが、元々先天的に脳の一部の機能が欠損しているため、そもそも「完治」するという発想には当てはまらず、適当な処置は周囲の人々によるサポートとなり、病気治療ではなく本人のニーズにあった「脳機能の使い方を新しく開花」させる事になります。

 

ADDの厄介な点は自他共に見分け方がやや難しい点にあります

ただ、ADDの症状は個人個人によって違っており、自他共に発達障害だと素早く見抜く事が困難です。

 

注意力や観察力が低いため、計画立案の能力が低い、部屋の整理整頓が出来ない、不安感を常に抱えている、勉強や仕事の効率が悪い等の特徴があるものの、いわゆる怠け者や経験不足な人物と混同されやすく、周囲の人々から適切なサポートを受けづらい難点があります。

 

ただADDには明確な見分け方が存在しており、一般的には怠けや経験不足だと認知される、注意力や観察力の不足を示す症状・行動が「幼少期から常に発生し続けている点」が一つの指針となります。

 

大人になってから唐突に怠け癖が出ているのであれば、それは本人の意欲が原因ですが、明らかに小学生の頃から注意力や観察力に偏りがあり、教師や保護者がそういったエピソードをすぐに話せるレベルだった場合、発達障害を抱えている疑いが濃厚になります。

スポンサーリンク