ADDの若者の一人暮らしは浪費と汚部屋に注意

ADDの若者の一人暮らしは浪費と汚部屋に注意

スポンサーリンク

見えないリスクが潜んでいるADDの人々の一人暮らし

ADDの人々の自立心を養うためには一人暮らしが大事だ、という意見があります。むしろADDの若者は他人に干渉される事を強く嫌う傾向があります。親が良かれと思って行ったアドバイスや支援が逆に本人にとってはプレッシャーやストレスになっていた、そういった事例は世の中に珍しくはありません。

 

親は本当に的確なアドバイスをしていても、ADDの若者の耳にはお節介、お説教にしか聞こえず、親からの干渉を避けるため、一人暮らしをする人々もいます。

 

ただ、注意欠陥の先天的な症状があるため、いざ親元を離れて独立しても順風満帆に行くケースは残念ながら稀です。一人暮らしを都内で始めたと同時に部屋が酷く散らかってしまい、ゴミ部屋になってしまったり、元々計画的にお金を使うのが苦手なため生活資金を無駄に浪費してしまい、最終的に膨大な借金を抱えてしまう等、障害が起因したトラブルに見舞われます。

 

ADDの人々は常に強い刺激を求めてしまう特徴がある

脳のワーキングメモリの働きが普通の人々よりも弱く、その弱さを正しく稼働させるためにと、心身が自動的に大量のアドレナリンが出る楽しい活動を探すためだと考えられています。この楽しい活動が一般的なスポーツや趣味であれば、ADDの人々が親元を若くして離れて一人暮らしを始めたとしても急に浪費家になる事はありません。

 

ただ一方で親という自分に強いストレスとプレッシャーを与え続けていた存在から離れた開放感から多くの人々が浪費を伴う趣味に走ってしまうのが実情です。

 

お酒やギャンブル、アニメやアイドルにどっぷりにハマってしまい、大量の関連グッズを買い込んでしまい部屋が散らかり放題、新しい製品を見るたびに買わずには居られなくなる浪費家になってしまうリスクが、普通の人々よりも高めなので、周囲の人々は注意が必要です。

スポンサーリンク