ADDの恋愛トラブルを解決するには

ADDの恋愛トラブルを解決するには

スポンサーリンク

ADDの恋愛の特徴

ADD(注意欠陥障害)は、脳の機能が何らかの欠損によって、通常レベルを維持できない状態となっています。特徴としては、緻密な作業が苦手であったり、物事を継続的に持続出来ない等が挙げられます。特に物忘れや物を紛失するなど、実生活で支障を来すことが多く、社会人としての生活が困難になる傾向があります。

 

また、一般の人よりも注意力がないため、人とのコミュニケーションが出来にくいという側面もあります。但し、全くコミュニケーション能力が無いわけでなく、ADDを持つ芸能人や有名人も多く存在しています。

 

そして、注意欠陥障害があっても、普通に恋愛をして結婚をしているケースも珍しくありません。但し、注意力が一般レベルよりも低いため、パートナーとの理解過程が進まなかったり、意志の疎通に時間がかかったりすることがあります。何よりも、パートナーとの約束を忘れる場合が多いので、健常者よりも恋愛のトラブルが発生しやすいわけです。

 

恋愛は無駄にならない

ADDの人が恋愛をする際には、パートナーに障害の事実を隠さないことが重要です。自分が注意欠陥障害であることを話すことで、相手から真の姿を理解してもらえるからです。また、障害の事を知って離れていく相手であれば、元々、縁がなかったとして諦めがつくものです。

 

何れにしろ、障害を隠したままで交際を続けても、時間とともにお互いが傷つく度合いが高まるだけだと言えます。

 

一方、ADDの人は交際に対して臆病になるあまり、初期段階で自分の方から身を引いてしまうケースもあります。それは、恋愛初心者の場合に目立つ特徴で、人から理解された経験がないために、関係を継続させる自信が無いことに起因します。それまでも、色々なトラブルで心を傷付けられているので、再び大きな傷を受けないように予防するようになります。

 

但し、恋愛には心が傷つくことは当然だと覚悟が必要になり、たとえ相手を傷つけたとしても、けして無駄にはならないと割り切ることも大切です。

スポンサーリンク