ADDの恋愛の特徴について

ADDの恋愛の特徴について

スポンサーリンク

高望みをしない傾向にある

ADDの人は、世間的に見て一般的にダメ男、ダメ女といわれるような人と恋愛をする傾向があるという特徴があります。なぜならば、ADDの人はどちらかというと、自己評価が低いケースが多く、恋愛をする相手に関しても自分と同程度の人をパートナーとして選ぶ傾向にあるからです。自分で付き合える範囲を自分で限定してしまっているので、自分にふさわしくない相手であっても妥協して付き合うということもあり得ます。

 

なぜ、自己評価が低くなってしまうのかというと、ADDの人は、どうしても人よりもミスが多くなってしまったりして、学校生活などで劣等感を抱きやすいからであると考えられます。劣等感を克服して自己評価を高めるということは、なかなか難しいことではありますが、自分の障害を受け入れていくことで、少しずつ自信を持つことができれば、恋愛の傾向も変えることができます。

 

デートに遅れてしまって信頼を失う場合がある

ADDの人はどうしてもその障害の影響で恋人との大事な待ち合わせに遅刻してしまうことが多くなる傾向にあります。よほどおおらかな性格の持ち主であれば良いかもしれませんが、普通は何度もデートの約束時間が守れないで遅刻ばかりが続いてしまうと、信頼関係を失い可能性が高くなります。最悪の場合、恋人に振られてしまって恋愛が長続きしないということになってしまいます。

 

なぜ、ADDの人が遅刻を繰り返してしまうのかというと、ADDの人の先延ばしをするという特徴が関係していると考えられます。ADDの人は自分の関心の向いたことを第一優先で行ってしまって、それに夢中になって他にすることを忘れてしまうことがあります。こういった問題に対しては、相手にも自分の特徴を理解してもらうということも必要になってきます。

スポンサーリンク