ADDを就職活動前の適職診断で発見してADDの学生に役立てる

ADDを就職活動前の適職診断で発見してADDの学生に役立てる

スポンサーリンク

適職診断で合っている職業を見つける

ADDになっていても、そのことに本人が気付いていないことも少なくありません。本人だけでなく、親族や教師なども気が付いていないケースが多いです。そのため、特に異常のない人として扱われます。しかし、社会生活を送るにあたって、不都合なこともたくさん出て来ます。そのため、適職診断を行うといいです。就職活動前に適職診断を実施することで、ADDの学生の就職活動に役立てることができます。

 

ADDの場合には、能力的な偏りが診られるケースが多いです。そのため、出来ない仕事がある反面で、問題なくこなせる仕事も存在します。合っている職業を上手く見つけることができれば、一般の人以上に活躍できるようになるでしょう。そのためには、ADDであることを認識した上で、適職診断を受けることが大切です。

 

就職活動前に受けることが大切

ADDの学生の中には、就職活動を開始してしばらく経ってから適職診断を受ける人も少なくありません。なかなか内定が取れず、原因を究明する過程で適職診断を受けようという結論に至る人もいるでしょう。しかし、既に就職活動が始まってしまうと、内定を獲得する学生も多数出て来ます。つまり、採用枠が埋まってしまうというわけです。

 

一般の人の場合には、多少合わない仕事でもやっていく内に、仕事内容や職場環境に合わせて行くことが比較的容易にできます。しかしADDの人はそれが難しいため、性格や能力に合わない職場に就職することは避けた方がいいでしょう。採用枠の大半が埋まってしまってからだと、それが難しくなります。

 

そのため、ADDの人は就職活動前の段階で適職診断を受けるのが望ましいです。そうすれば、能力や性格に合った職場に絞って就職活動を行えます。

スポンサーリンク