創造性のあるADDの適職について

創造性のあるADDの適職について

スポンサーリンク

ADDは、不注意、衝動性が顕著に表れる注力折損障害で

子どもの頃は忘れ物が多い、授業に集中できない、空気が読めないなど周囲からもちょっと変わった子、扱いづらい人と見られがちです。みんなが出来ることが同じようにスムーズにできない事で、大人に叱られることや子供の世界の中でいじめにあうことも少なくありません。みんなと同じようなことを要求することが無理があることなのです。

 

早めに診察を受けて、ADDということがわかることで、本人の意識、周囲の人たちの理解が合えばその子どもなりの成長を手助けしていける環境が整います。そしてできることが少しずつ増えていくのです。

 

ADDは悪い面だけではありません。多彩なアイデアや創造性など好きなことには集中しその能力を発揮することが出来ます。ですから、社会人になる時には適職を見つけてその方向に進めていくことが良い方法です。

 

大人のADDは仕事上影響が出ることが多い

それは、仕事において、遅刻が多かったり、納期が守れなかったり、スケジュール管理ができないのでプロジェクトを最後までこなすことが出来ない、忘れ物が多い、気が散ってしまうなどがあることで、仕事で関わる人には大きなストレス、問題が起こってしまうのです。

 

ADDの人は脳の伝達物質がうまく機能していないことで、先々のことをうまく進めていくことが不可能なのです。ミスが許されない仕事、正確さを追求する仕事などは向いていません。

 

しかし、ADDのひとは興味があることに対しては集中力が増し、創造性が高まり、独特な感性を持っていることが強みとしてあるので、適職に就くことで能力を発揮して社会人としてうまく機能することができるのです。実際に大企業の社長や著名人などがこのADDであることで成功していることも事実としてあるのです。

スポンサーリンク