ADDの中には優秀なアイディアで成功する人もいる

ADDの中には優秀なアイディアで成功する人もいる

スポンサーリンク

脳機能の特徴として仕事に活かす

ADDはネガティブな障害として認識されることが多いですが、優れたアイディアマンということも少なくありません。どんどんアイデアが出てきて止まらないほどで、普段はそれを口に出してしまうのでうるさがられてしまいますが、意見を求められるシーンでは活躍することができます。

 

もともとADDは好きなことには集中できるので、知識をどんどん吸収してその知識をパズルのように組み合わせて優秀なアイディアを出せる能力を秘めていることもあります。

 

アイディアを出せる人は革新的な発明家となることも多く、社会的成功を収める人も多いです。みんなと同じことが良いと日本では言われていますが、それに逆行して人と違う考えを創造できるので、ADDの人は新しい世の中を作っていく要として活躍できる可能性もあります。

 

アイディアで革命を起こす

ADDの優秀な頭脳を活用して新しいアイディアを出していけば、世の中を変えていくことも可能です。世の中を変えるほどの革命を起こした歴史上の偉人は、ADDの傾向を持っていた人も少なくありません。昔はこの障害自体が障害と認識されていませんでしたが、昔から存在していた障害だったということです。

 

今の世の中はコンピュータが人間の代わりにできる仕事が増えていますが、新しいアイディアを出すことはコンピュータには難しいです。それをできる能力を持っているADDの人は、社会的成功を収められる確率が高いです。

 

障害というとネガティブで普通の生活ができない落伍者のように言われがちですが、創造力を活かして働くことで社会的なリーダーとして活躍したり、後世に残せる偉大な発明ができる可能性もあります。

スポンサーリンク