ADDを持つ人に向いている仕事と向いていない仕事

ADDを持つ人に向いている仕事と向いていない仕事

スポンサーリンク

ADDの人には向いていない仕事

ADDの人は業種によっては向いている仕事はありますがそれ同じぐらい向いていない仕事もあります。レストランなどの飲食店での接客業や事務職は基本的に向いていないとされています。

 

これらに共通する点として、柔軟性とコミュニケーション能力が必要なところがあります。これらの能力は多くのADDの人が苦手とする分野であり、基本的にこれらの仕事には向かないとされています。そのため、コミュニケーション能力や柔軟性が必要な秘書や通訳なども比較的不向きな業種といえます。

 

また複数の作業する業種も苦手とされています。そのため、あらゆる作業を同時にこなす必要があるコンビニの店員や営業職はあまり向かないとされています。

 

またADDの人はケアレスミスを起こしやすいため、1つのミスが命取りになりやすい看護師や医者もあまり向いていません。

 

ADDの人に向いている仕事

向いていない仕事が多いADDの人ですが、向いている仕事ももちろんあります。それらの多くは研究職や専門職などが多いです。これらの職業は基本的に自分のペースで進められ、1つぐらいミスをしてもそれほど大きな影響がでない仕事が多いです。

 

またコミュニケーションを積極的に求められる仕事場は少なく、コミュニケーションが苦手な人でも安心して仕事が出来ます。

 

またADDの人はひらめきが優れている人が多いので、漫画家や小説家といったクリエイター系の職業にも適正があります。クリエイター系の仕事は柔軟性よりも創造性が重視される仕事であるのでひらめき1つで活躍することができます。また複数の作業を同時にすることも少ないので、負担も少ないです。

 

またADDの人は刺激が弱いと、飽きてしまう傾向があるので刺激の強いジャーナリストや雑誌の編集者なども向いています。

スポンサーリンク