ADDの人の、仕事のケアレスミスを減らし時間を守る方法

ADDの人の、仕事のケアレスミスを減らし時間を守る方法

スポンサーリンク

自分で解決を目指す方法

仕事上でのケアレスミスを減らし、時間を守れるようにするには、まずはミスすることを前提とした心構えが必要です。気合でミスをなくそうと思っても、なくすことは不可能です。周囲の人達が立てている以上の対策を、幾重にも立てるとよいでしょう。ここでは自分で解決を目指す4つの方法をお伝えします。

 

1つ目は、行動パターンを極力変えないことです。ADDの人はアレンジすることが好きですが、アレンジするとミスに繋がったり、大切な用事を忘れてしまったりします。

 

そして、携帯電話などのアラーム機能の活用です。アラームが鳴った時に要件のメモが表示されるようにしておきます。大切な用事については繰り返し機能を使うことも有効です。

 

3つ目は、時間の余裕を持つことです。自分がかかると思っているよりも30分程度の余裕を持たせます。4つ目は、メモは大きくして確実に見るような場所に置くことです。A4の紙に大きく書き、靴や鞄にクリップでつけておくことが有効です。

 

周囲の協力

ADDの場合、自分だけでケアレスミスをなくしたり、時間を守れるようにすることは困難で、周囲の理解と協力が不可欠です。周囲の協力は、ミスを減らしミスがあっても何とかやり過ごせることに繋がります。ここでは、周囲の協力を得る4つの方法をお伝えします。

 

1つ目は、自分自身がミスを起こさないように精一杯努力し続けること、2つ目は、仕事は一生懸命行い、周囲の人の仕事に積極的に協力すること、3つ目は、感謝の気持ちを持ち謙虚な姿勢でいること、4つ目は、明るく元気にを心がけることです。

 

1つ目から3つ目の行動をとっていると、周囲から協力してあげようという気持ちになってくれる人が出てきます。失敗を繰り返していると、つい表情は暗くなってしまいますが、4つ目の行動をとっていくと、周囲はADDの人に声をかけやすくなるため、笑って許してもらえる雰囲気もできたり、周囲からミスを未然に防ぐために声をかけてもらえるようになったりします。

スポンサーリンク