ADDの児童を普通学級に入学させる注意点

ADDの児童を普通学級に入学させる注意点

スポンサーリンク

ADDの児童を普通学級で学ばせたいという場合には少し注意が必要

親は自分の子供に普通であってほしいという願いから、障害があっても他の子と同じように普通学級に入学させたいと思うものです。早期療育で、特性がそれほど目立たずに、保育園の先生からも指摘が少なくなっている場合は大丈夫です。ただし発見が遅く、先生からの指摘が多かったり、本人も集団行動が取れない場合には他の道を検討した方がいいです。

 

発達障害については浸透しつつありますが、輪を乱すような子供は他の保護者にとっても迷惑な話です。障害児にとって普通学級で学べることはとても良い環境であるわけですが、障害の特性がまだ色濃く出ている場合には慎重になりましょう。普通学級に入学しても親がみじめな思いをするだけです。親の考えではなく、その子供にとってどんな教育がいいのか真剣に考える必要があります。

 

まずは小学校を見学

ADDの児童を普通学級で学ばせたいと思ったら、まずは入学予定の小学校に見学に行きましょう。

 

自治体が間に入ってくれることもありますし、学校では教頭先生が担当してくれます。現在の小学校は、発達障害に対応した情緒学級がありますので、そちらも見学してみましょう。実際に見学すると、どちらが自分の子供に合っているのか判断できます。先生も相談に乗ってくれます。

 

心配なのは、情緒学級に行っているから「できない子」だと思われることですが、そんなことはありません。1年間様子をみて、大丈夫そうなら普通学級で勉強できます。今は、先生もわかりやすく説明しているようで、情緒学級の子供をバカにしたり、いじめたりすることはありません。逆に無理をして普通学級に行かせている方が心配なくらいです。

 

学校は勉強するところです。自分の子供の特性や周りの子供にも配慮しながら、決定するといいでしょう。

スポンサーリンク