ADDを持つ方への支援制度

ADDを持つ方への支援制度

スポンサーリンク

発達障害者支援法の施行

平成17年に発達障害者支援法が施行されました。従来の福祉制度では支援できず、対応が遅れてしまっていたLD(学習障害)、ADD(注意欠陥障害)、(ADHD(注意欠陥多動性障害)などを「発達障害」として支援することを定めた法律です。

 

本人や家族のための制度も定めされています。特に早期の対応として、保育、教育、学校等の放課後のケアについてもさまざまな制度が設けられています。これらのサービスを受けるための費用については、市町村に給付を申請することで通所給付を受けることができます。

 

ADDの方の家族を支える制度として、都道府県が指定する指定障害福祉サービス事業者の短期入所や一時的な預かりなどを利用できます。いずれも市町村の障害福祉窓口などで相談します。支給決定した場合に利用することができます。

 

ADD(注意欠陥障害)のための施設、発達障害者支援センターなど

ADDを持つ方の相談窓口施設として、各都道府県に設置されているのが発達障害者支援センターです。国の「発達障害者支援センター」事業に基づく施設です。

 

生活している地域でサポートとして移動に関するものなどがあります。各市町村によって受けることができるサービスが異なりますので、市町村の障害福祉窓口で確認しましょう。

 

また、就労については、ハローワークでの職業相談・職業紹介を受けることができます。障害者トライアル雇用事業という制度を利用して、自分に合った職場かどうか、また雇う側としても、一緒に働いてもらえるかどうかを確認できるトライアル期間です。ひとりひとりにきめ細かく対応し、必要に応じて、職業訓練などを紹介することもしています。

 

これらの制度についての相談窓口として発達障害者支援センターがあります。

スポンサーリンク