ADDも取得可能!精神障害者保険福祉手帳のメリットは?

ADDも取得可能!精神障害者保険福祉手帳のメリットは?

スポンサーリンク

精神障害者保険福祉手帳は、ADDの生活をサポートする存在

ADDの治療は長い目で付き合っていく必要性があり、当事者にとってその費用は負担になりやすいものです。精神疾患の治療において、通常3割負担の医療費を1割にする自立支援医療もありますが、それだけでは治療の継続が難しい場合もあります。

 

治療と並行して自立した生活を送るための支援として、代表的なものに精神障害者保険福祉手帳が挙げられます。取得できる精神障害者の対象には、総合失調症やうつ病、てんかんなどの精神疾患により長期にわたって日常生活に支障をきたす人が当てはまります。ADDをはじめとした発達障害もこれに含まれているため、取得が可能です。

 

取得には、発達障害の診断を受ける必要があります。かつ医療機関の初診から6か月以上経過しているという条件を満たしていれば、申請可能です。ADDの当事者が精神障害者保険福祉手帳を取得することには、多数のメリットがあります。

 

自治体によって支援に差がある

精神障害者保険福祉手帳を取得する大きなメリットのひとつは、税金控除です。所得税や住民税、相続税などの障害者免除を受けることができます。利子税や贈与税は非課税となり、自動車税の減免を受けることもできます。またNHKの放送受信料が全額免除されたり、各携帯電話会社の割引サービスを受けることができたりします。

 

このような免除以外には、障害者求人に応募できることもメリットのひとつです。50名以上の常用労働者を抱える企業は、一定数以上の身体・知的障害者を雇用することが法律によって義務付けられています。ADDの雇用義務はないものの、雇用した場合は障害者雇用としてカウントされます。よって、手帳があることで、障害者を対象にした求人にも応募ができるのです。

 

ほかにも、自治体が独自に支援を行っているケースがあります。よりメリットを生かすためには、自分の住んでいる地域の支援を調べることが効果的です。

スポンサーリンク