ADDの専門医がいる大阪の場合

ADDの専門医がいる大阪の場合

スポンサーリンク

早い段階の受診が大事

殆どのADD(注意欠陥障害)の患者は、子供の頃から人とは違う傾向を自覚しており、学校という社会から離れた世界に守られて過ごします。親としても、子供の頃の一過性のものとして捉え、病院の検査を受けさせる事もありません。

 

但し、社会に出て働きはじめると、健常者が普通にできることがこなせず、劣等感を覚えることになります。但し、自分がADDであることを直ぐには認めることは出来ないので、病院を訪れる決断に至りません。そうした中、仕事での失敗は大きくなるばかりで、社会人としての信用を無くす恐れが出てきます。

 

そのような事態に至らないためには、早い段階での専門医による診察が必要で、実際に医師に会えば安心感が得られます。大阪には、注意欠陥障害に理解のある病院が揃っており、優しく丁寧な対応で安心です。

 

ADDを受け入れる

最近までは、ADDは障害とは認知されておらず、個性の一つとして見過ごされてきました。出来ないことに対しては、努力が足りないと責められることになり、時として見放されてしまいます。それは、本人だけでなく家族や周りの人にとっても辛いことでした。それ故、大阪にある専門病院を訪れることは、注意欠陥障害を受け入れる転機となります。

 

専門医による診察では、ロールシャッハテストなどで、脳の処理速度等を調べます。また、動作や言語活動についてもテストを行い、平均値と比較しながら診断を行っていきます。

 

ADDの特徴としては、テスト値の振れ幅が大きいことで、障害の度合いを的確に判断できます。特に動作性の障害度合いが高いと、仕事を上手くこなせない場合が多く、自分を追い詰めて苦しくなります。動作性障害に関しては、投薬治療で改善が期待できるので、少しずつ自信を取り戻せるようになります。

スポンサーリンク