ADDの相談は東京都内の専門医にすべき

ADDの相談は東京都内の専門医にすべき

スポンサーリンク

発達障害の診察は専門医にお願いすべき

一般的な体調不良の相談は身近な病院にすれば良いでしょう。発熱や鼻水、そして頭痛や消化不良等、こういった身近な体調不良は東京都内の普通に病院に相談すべきであり、身近なクリニックに健康保険証を携えて向かえばOKです。しかし、一方でADDの相談は専門医が働く特別なクリニックにしなければいけません。

 

ADDの児童や社会人の存在がようやく世間一般で認められていました。昭和の頃から発達障害に悩む人々は社会の中でいました。しかし、今のように医療技術が発展しておらず、先天的な障害とは認められず、個人の努力不足や家庭の躾の問題になっていました。ただ、ADDの診断は依然として一般化されておらず、ごく普通のクリニックに駆け込んでも、専門医はいないため、そもそも正しい診察が受けられません。

 

地方の街ではそもそも発達障害の相談が出来るクリニックが無い場合も多いです

また現実問題として、地域間の医療格差は未だに根強いです。東京都内にはADDについて気軽に相談出来るクリニックが多々ありますが、地方の街だとそもそも発達障害の専門医の数が極めて少なくなっています。最近では特に地方都市から東京都内へと引っ越す若者が増加して来ており、特に児童の発達障害について正しく診察が受けられるクリニックがそもそも存在しなかったり、そういったクリニックが減ってきています。

 

東京都内にはADDの児童の相談、そして綿密なADDのコーチングが受けられるクリニックがあります。見た目はごく一般的なメンタルクリニックに見ても、実際には児童の発達障害の診察を受け付けている施設が多々ありますので、子どもの発達や行動に疑問を感じた保護者の方は、地方から東京都内の専門医を頼ってみましょう。

スポンサーリンク