アメリカでは幼少期にADDのテストを受けさせる事が多い

アメリカでは幼少期にADDのテストを受けさせる事が多い

スポンサーリンク

国際的な視野で見ても日本の国の医療技術は非常に高い水準

かつては治療自体が困難だと言われた怪我や病気も今ではその多くが治療可能となりました。日本の医師や看護師は技術だけではなく、非常に高いモラルと倫理観に基づいて日夜患者たちを救っており、その頑張りは素晴らしいものがあります。

 

ただ、ADDに関してはアメリカの方が一歩先をリードしています。アメリカでは幼少期の頃から、ADDのテストを普通に受ける事が出来ます。ADDというものが、単なる障害ではなく、ある種の天賦の才能としてアメリカでは明るく受け入れられており、両親が発達障害を喜ぶケースさえあります。

 

ADDに対する見方が非常にポジティブであり、日本国内でもようやくADDに対しては積極的に受け入れ、その個性を評価する機運が高まってきましたが、元々多様性を重んじるアメリカの方が、発達障害の児童や若者にとっては生きやすい環境があります。

 

日本の国は良くも悪くも平等の意識が強い

特に小学生の間は皆である事を強く要求されます。集団の中で目立つ事はタブーであり、個性的な言動や行動が多いADDの子供たちは小学生の教師から問題児扱いされる事が多く、その間に自信を失ってしまったり、不登校になってしまう事があります。また日本の保護者の間ではADDが非常に良くない障害だと見られており、我が子にその疑いがあっても、アメリカの家庭のように素早くADDのテストを受けさせません。

 

ADDは確かにデメリットも多い個性です。しかし、幼少期にADDのテストをしっかりと受けておき、専門のスタッフのコーチングを受ける事で、適正な形で集団に馴染めます。むしろ、幼少期にしっかりと診断を受ける事で、保護者の方も子供たちの個性を正しく理解する事ができ、少し変わった言動や行動が自分の躾の結果ではない、という安心感が得られます。

スポンサーリンク