ADDが疑われるときは何科を受診すればいい?

ADDが疑われるときは何科を受診すればいい?

スポンサーリンク

ADDの診断は何科で受けられる?

ADDの診断は、精神科や心療内科で受けることが可能です。

 

従って、自分はADDかもしれないと思われたなら、まずは精神科や心療内科を受診して下さい。障害の有無は、そこで何度かカウンセリングやIQテストなどを受けたうえで診断してもらえます。

 

ただし、このADDは、認められ始めたばかりの新しい障害であるために診断基準が明確には確立されておらず、診断方法も医師によってまちまち。これについて深い知識をもった病院・医師自体がまだ少なく、その診断はベテランの精神科医にとっても難しいのが現状です。

 

よって、どの病院・どの医師を訪れたらいいのか迷われる方も多いかと思われます。そうした場合には「発達障害者支援センター」へ相談してみましょう。近くの専門医を紹介してもらえます。

 

なお、診断は、子供の頃から現在にいたる“長い期間における”あなたの状態を総合的に見て下されるため、診断に際してはご両親などへも聞き取りが実施されると覚えておいてください。

 

子供のADDが疑われるときは何科を受診すればいい?

大人の場合であれば、精神科・心療内科で診てもらうことになります。

 

ですが、ADDが疑われるのがお子さんである場合には、小児精神科・児童精神科を受診しましょう。

 

この場合も大人のケース同様に、どこを訪れるべきかわからない・近くに専門医がいるかどうかわからないといったときには、住んでいらっしゃる地域の「発達障害者支援センター」へ相談されることを勧めします。

 

なお、診断に際しては、日々の行動データがあることが望ましいため、受信される際には、普段のお子さんの様子や行動パターンを記したメモなどを予め用意しておかれるといいでしょう。また、客観的な情報も重要な診断要素となるため、幼稚園や学校の先生などにチェックリストを渡して記入してもらう、といったことが必要になるとも覚えておいてください。

スポンサーリンク