食品添加物や遺伝子組み換え食品がADDの原因になることも

食品添加物や遺伝子組み換え食品がADDの原因になることも

スポンサーリンク

母親の食生活が子供の脳に影響する

ADDは前頭葉の機能不全で、神経伝達物質の代謝不良によって生じます。遺伝が全ての原因というわけではありませんが、食品添加物や遺伝子組み換え食品を妊娠中に摂取することで、お腹の中の胎児の成長に影響が出る可能性があります。

 

胎児は母親の子宮内で細胞分裂を繰り返していて、その時にこれらの成分が影響してくると、脳の神経系に障害が出る可能性があります。食品添加物や遺伝子組み換え食品を絶対に食べてはいけないという強迫観念を持つ必要はありませんが、胎児の成長に食事内容が関わってくることは考えて、母親は食べるものを決めた方がいいでしょう。

 

人工的に作られた食品添加物は、いつまでも消化吸収されることなく体の中をぐるぐる駆け巡ります。これが子宮内で血液の受け渡しの時に悪さをする可能性があります。

 

食品添加物や遺伝子組み換え食品とどう付き合うか

食品添加物や遺伝子組み換え食品がADDの原因になりうると言われると、母親としては怖くなってしまうものです。しかし、遺伝子組み換え食品はしっかり表示してあることが多く、避けやすいです。表示が正しければ口にせずに済ませられる可能性が高いです。

 

一方、食品添加物はあらゆる食品に入っています。保存期間を延ばしたり、食感をよくする、見た目を美味しそうに見せる、などの目的があるからです。どれも同じくらい毒性が高いというわけではなく、クエン酸やリンゴ酸などのように昔から使われてきて人体に影響が少ないものもあります。

 

逆に、着色料など入っていなくてもいいし、人工的なレベルが高いものは毒性が高いものが多いのでできるだけ選ばないようにした方がいいでしょう。上手に付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク