ADDの原因?ドーパミン・ノルアドレナリンの関係

ADDの原因?ドーパミン・ノルアドレナリンの関係

スポンサーリンク

原因はずばり、脳にあった!?

ADDは病気ではなく、生まれ持った障害です。病気ではないため完治することはありません。なぜADDの当事者が日常生活で困難を感じるのか、その原因のひとつとして挙げられるのが、脳内の神経伝達物質が不足していることです。通常では、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が、集中力ややる気を起こし、脳の活動を高める役割を果たしています。

 

しかし、ADDの場合は神経伝達物質の働きが不十分であることが明らかになっています。これらの物質がうまく働かないために、ADDの症状である不注意があらわれるという見方がされています。決して本人の努力不足ややる気のなさ、親のしつけではなく、脳内の構造に原因があるのです。しかしこのメカニズムの理解がされていないがために、理不尽な扱いを受ける場面が多くなっているのが現状です。

 

ADDの抱える悩みを解決するために

ADDの症状である注意欠陥の改善するためには、単純にドーパミンやノルアドレナリンの量を増やし、正常な働きをさせることが効果的です。直接的な効果が期待できる方法としては、投薬が挙げられます。神経伝達物質を増やすもの、濃度を挙げるものなど、作用の仕方は異なるものの、結果的にADDの症状を緩和することにつながります。

 

日本ではストラテラやコンサータが、神経伝達物質の分泌に作用する薬として処方されています。

 

病気ではなく障害のため、症状を完全に治すことはできないものの、投薬により状況を改善して生きづらさを感じないようにすることは可能です。実際に、投薬を続けることで集中しやすくなったり、冷静に物事を判断できるようになったりなど、個人差はあるものの効果が期待できます。ADDの原因を理解することにより、症状の改善につなげることができるのです。

スポンサーリンク