ADDの原因として前頭前野での血流の悪さがある

ADDの原因として前頭前野での血流の悪さがある

スポンサーリンク

ADDとは、長く集中していられない、不注意や衝動性の症状がある

子どもの頃は落ち着きがないことなどくらいで目立つことはなくても、大人になって仕事をするような環境になるとその症状が日常生活に大きな影響を起こしてしまうことが多くなります。予定を詰め込みすぎて最終的に処理できない、整理整頓ができずにものを無くしやすい、金銭管理スケジュール管理ができないなどで、職場や家庭、交友関係において様々な不具合を生じてしまうのです。

 

ADDの原因として脳の前頭葉にある障害が原因になっていることがあげられます。注意力や判断力をつかさどる前頭前野の血流が成長できずに情報伝達が正常に働かないことが原因になっていることがあるのです。その部分が未熟のまま成長をしない、もしくは成長が遅いことで一般の人と同じようなことがこなせない状態になってしまうのです。

 

ADDの原因は前頭前野にある

脳の前頭前野は行動を制御する働きがあります。そこの部分の血流不足によってこの障害を引き起こしてしまうのです。

 

自分をコントロールする部分が弱いために、計画的に物事を進めていけないことが多く、その場に合った理にかなった振る舞いや最終的な結果を成し遂げることが不可能になるのです。脳の前頭前野の機能が低下しているために注意力や思考力などが不足している状態なのです。

 

小さな頃から親や周囲の大人がその子どもが困難に生じているかを見極めて、ADDということを理解して配慮していくことで、大人になった時にその人が生きやすい状況を作ることはできます。その都度の対応法や対処法を知ることで、周囲がそれを行っていくことが社会適応できる良好な経過をたどることができるのです。

 

現代では学校、家庭、医療機関が連携した支援を行える環境が整ってきているので、その環境を使用することが大切です。

スポンサーリンク