ADDはセロトニンやドーパミンが足りないせい?

ADDはセロトニンやドーパミンが足りないせい?

スポンサーリンク

セロトニン、ドーパミンとは?

大まかに言うとセロトニンは脳全体の調整機能を司る。ドーパミンは快感などを司る、やる気物質だと言われています。ADDに限らず、うつや統合失調などとも関わりの深い物質で、言われており、どんな病名がついているにしろ注意などの認識する機能になんらかの問題がある方は、これらの脳内物質が問題のない方に比べて少ないという研究報告があります。

 

ドーパミンなどの快感物質はアドレナリン(行為ですさせ戦闘態勢になる脳内物質)や、 ノルアドレナリン(恐怖を感じさせて逃亡体制にさせる脳内物質)これらのストレス物質と天秤のような関係で脳内のバランスをとっています。

 

セロトニンは、これらすべての脳内物質のバランスをとるような役割を担っています。どれがいいものでどれが悪者ということではなく、これらすべてがバランスを保ちながら、脳の状態を正常な範囲に保っているらしい、というのが現在の研究の成果です。

 

セロトニンやドーパミンを増やすには

ADDに限らず脳内物質のバランスが崩れてくる病気の場合、物理的に脳や神経細胞のつながり方などが変化してきたりもします。これらの脳内物質が出やすい行動をすることによって、脳全体の機能が改善することもよくあります。

 

代表的なものに絞って紹介してみたいと思います。セロトニンは目覚め物質とも言われ朝日を良く浴びると多く分泌されると言われます。朝日をしっかり浴びて体操する、このような習慣が良い作用をもたらすという研究が有力です。

 

トリプトファンという大豆やお肉に多く含まれるたんぱく質がセロトニンの材料になるとも言われていますので、食事を気をつけてしっかり食べるということも大切だといいます。ドーパミンは恋愛状態や好きなものを見たとき、美味しいものを食べた時などに多く分泌されるため、幸福ホルモンなどという呼ばれ方もします。

 

こうしてみると早寝早起き朝ごはんが一番有効という当たり前の結果になりそうですが、人それぞれですのでお医者様とよくご相談なさってみてください。

スポンサーリンク