ADDの根本的な原因は脳にあります

ADDの根本的な原因は脳にあります

スポンサーリンク

ADDはまだまだ世間の人々に正しく理解されているとは言いがたいものです

特に原因に関しての誤解が根強く、ADDの原因を「親の教育が悪かった」や「本人の努力が足りていない」や「精神的に弱いせいで発達障害が起きている」等と、誤った解釈を持っている年配の人々も少なくありません。

 

まだまだ研究が道半ばであり、分かっていない事も多い発達障害の分野ですが、その根本的な原因は既に特定されています。

 

ADDの根本的な原因は生まれつきの脳の障害だと分かりました。本人の努力や勉強量が不足しているせいでもありませんし、親の愛情不足が原因でも無いですし、周囲の友達や教師の接し方が悪かったという事もありません。

 

最近では大人になってから発達障害に気づく人々も増えてきましたが、成人になってから突然、ADDの特徴が現れた、というケースは稀であり、本当は少年期・少女期の頃から現れていたが、自他共気づくきっかけが無かったに過ぎない、というのが実情です。

 

障害を抱えながらも懸命に社会の中で暮らす人々は多いです

生まれつき耳が悪い、目が見えない、片足が不自由など、そういったハンディキャップを抱えながらも仕事に就いたり、学校へ普通に通う人々はたくさんいます。

 

ただ、一方でADDの人々は周囲の人々から「障害を持ちながら頑張っている人」と見られない事が少なくありません。

 

先ほど挙げた通り、脳の原因の障害であり、他者の目線からはそのハンディキャップの辛さと原因が分からないためです。

 

ADDの学生や社会人の方は、性質上ミスや忘れ物が多く、周囲に迷惑をかけてしまう事もあります。

 

周囲の人々も目に見えるハンディキャップの人々には優しく手を差し伸べてくれますが、一方で脳にハンディキャップを持っている発達障害の人々は「怠け者」や「ドジな人」等と、まだまだ世間の中で理解されておらず、周囲の支援が逆に得づらい孤軍奮闘状態になっています。

スポンサーリンク