ADDが遺伝する確率について

ADDが遺伝する確率について

スポンサーリンク

ADDが遺伝するかについて

当該障害は先天的な障害の場合が多いとされています。なぜ当該障害を持つ子供が生まれるかという事について、先祖からのDNAについての遺伝の影響が少なくないと言う声が専門家もいます。

 

まず、当該障害の遺伝による部分は否定できないです。片親もしくは両親が当該障害を持つ場合には、子々孫々が当該障害を持つ確率は一般人より高くなります。先天的以外にも後天的要因により当該障害に影響を与えるという専門家もいます。

 

家族にADDを持つ人がいた場合のADDの遺伝の確率について

当該障害を持つ子供は、全体の3−5パーセントだと言われています。この数値は、親が当該障害を持っていない場合も含めた数値です。両親が両方とも当該障害を持っていれば、子供が当該障害を持って生まれてくる場合は、最低でも20パーセント以上とされています。

 

全体が3−5パーセントなので、最低で20パーセントという事はかなり高い数値です。母親だけが当該障害を持っている場合には、7−8パーセント程度です。他方、父親だけが当該障害を持っている場合には、15パーセント程度だとされています。父親の方が母親より二倍高い数値になっています。

 

母親の方が母体になるので影響が高そうですが、当該脳障害は父親の方が影響が高いです。この事はDNAが関係している可能性を強めます。

 

また、兄弟に当該障害を持つ場合には、25−35パーセントの確率で当該障害を持っているとされます。当該障害は先天的影響が大きいとされているので、兄弟も親のDNAを引き継いているので、兄弟が当該障害を持っているという事は、遺伝的に自分も当該障害を持っている場合が多いです。この様に、当該障害は親が当該障害を持っている場合には、子供も当該障害を持っている確率は高くなります。

スポンサーリンク