不注意優勢型のADDは大人になっても継続する

不注意優勢型のADDは大人になっても継続する

スポンサーリンク

ADDは大人になっても根本的に治らない

発達障害者は経験を積み重ねていく事で、自分自身の欠点に気づき、社会生活を通して徐々にセルフマネジメントの技術を学んでいます。個人差はありますが、高校生から大学生の頃になれば、ADDの厄介な症状やそれによって引き起こされるトラブルは殆ど見られなくなります。

 

ただし不注意優勢型の場合、根本的な原因が社会経験で治る事は無く、残念ながら常に人一倍、注意力を支払ったり、治療薬や周囲の人々のサポートを借りて、仕事や学業を励まなければいけません。

 

しかし、今ではADDの人々を支援する団体や書籍が普及して来ており、以前のようにADDという発達障害の存在自体が頭ごなしに否定される時代は終わりました。まだまだ不十分ではありますが、不注意優勢型の人々も比較的住みやすい環境に近づいて来ています。

 

誤解されてしまう事もある不注意優勢型のADD

社会全体で発達障害者を支援しよう、こういった温かいムードが日本国内に生まれてきました。

 

有名人の方々の中にも、自ら積極的に実は発達障害者だった、あるいはそのグレーゾーンだとカミングアウトする人々が現れました。以前だと発達障害者だと大人がカミングアウトすれば、奇異の目で見られるのが普通でした。しかし今では有名人のみならず、ごく普通の社会人男女も、自分が不注意優勢型のADDだとカミングアウトしても、比較的スムーズに世の中に受け入れられるようなりました。

 

ただ一方で完全な理解が浸透しているとは言い切れません。特に年配の方々を中心にADD、特に不注意優勢型については、本人の育ちが悪い、あるいは努力不足、親の躾が悪い、食生活に問題がある等、科学的根拠に乏しい意見で個人やADDの支援者をバッシングする向きはあり、今後共発達障害に関する正しい情報の国民的理解は必須と言えます。

スポンサーリンク


関連ページ

子供たちの症状
大人の主な症状
記憶力
片付けする事ができない
得意なこと
人間関係
不注意優勢型
幼児の特徴
才能
スポーツ
有名人
睡眠障害
話し方
二次障害と使える社会資源
ADHDとの違い
症状と特徴を知る事が自他共に大切
遅刻や忘れ物が多い
気が散る、衝動的なところがある
刺激的でリスクのあることを好む
手順の指示を間違えがち
失言が多く人の話を聞かない
障害が優れた才能を発揮
行動性と思考面に問題がある
子どもと大人の違い
女性の特徴
幼児期の症状
ワーキングメモリに問題がある
発見が遅れることなく診断し個性としてとらえる
長時間の集中と瞬間的な集中力
欠点が目立つ傾向、しかし立派な長所も
直観力と決断力のスキル
短所は長所、情熱的な行動と創造力が武器へ
子供たちの特徴的な行動に気づく事
睡眠時間を把握するのが苦手
日本社会では辛い立場、強い自己否定感も
接し方がおかしくて誤解されがち
初期症状は集中できないこと!?
ゴミを出さない事や買い物の仕方が雑な事があります
片付けが出来ない
ものを買うときと捨てるときの基準が独特
代表的な発達障害である
記憶力にハンディキャップがあるように見える
得意分野と健常者の違い
人間関係に対するストレス耐性
話し方と話題選びの特徴
不規則な質問や失言をやりがち
いじめや厄介者扱いされやすい
人間関係でつらい思いをすることが多い
興味が無いとやる気が出にくい体質
判断が苦手でケアレスミスと忘れ物が多い傾向
コミュニケーションが苦手で感情の管理が難しい
多動性の有無や頑固さマイペースさに違い
不注意優勢型の特徴を正しく理解しよう
不注意優勢型の子どもたちの個性と子育て
中学生に出やすい症状や特徴について
二次障害、劣等感と上手くつきあう
短絡的な言動があり、人付き合いは不得手
会話で自制できない?
刺激に過剰反応するため、不注意になりがち
先延ばしするという実行機能障害が起きやすい
忘れっぽいのとワーキングメモリーとの関係
「飽きっぽい」「過集中」という症状
多彩なアイディアの実行力がある?
重ね着症候群とは?
家はゴミ屋敷になってしまう傾向にあり
知能に偏りがあるというよりも
自己正当化型の人に見られる特徴とは
自己否定の気持ちが強く、ひきこもりになる
服装は派手すぎる?特徴と改善法
子供は食生活が悪化しやすい
周囲に理解されず怠け者だと思われてしまう
陥りやすい多量喫煙の常態化
料理を失敗しやすい!?
夜の興奮状態のせいで睡眠障害になりやすい
障害と特殊な才能は表裏一体